mineo マイネオとは

WS000780

 

mineo、マイネオって聞いたことありますか?
(※ミネオではありません。)

 

マイネオはケイオプティコムが2014年6月に始めたMVNOです。

株式会社ケイ・オプティコム(K-opticom Corporation)は関西電力系列の電気通信事業者(電力系通信事業者)・小売電力会社で、個人住宅向け eo(イオ)光などのインターネット回線を提供しているので知っている人も多いでしょう。

 

マイネオはドコモ回線、au回線に対応していますが、ソフトバンク回線には対応していません。

 

mineo マイネオの特徴

mieoの特徴は次の通りです。

mineoは、KDDI au 4G LTE 最大速度受信150Mbps/送信25Mbps・(音声 CDMA2000 1xRTT)と、NTTドコモXi 最大速度受信225Mbps/送信50Mbps・FOMA 最大速度受信14Mbps/送信5.7Mbpsとを選択できます。

申し込み時に、「XXXXX@mineo.jp」のPCメールと同等のメールアドレスが1つ発行されます。

番号ポータビリティは、SIMカードが届いてから手続きを行うため、最小限の通信不能時間で済むmineoのSIMカードを挿入した端末の電源を切った状態で、専用WEBページから手続きを行います。

 

 

マイネオのサービスの変遷

2014年6月3日よりサービス開始
2015年2月27日にプリペイドのSIMを販売
2015年9月16日付けで加入件数が10万件を突破
2015年11月19日、「au VoLTE対応SIM」を発売開始
2016年1月21日、大容量「10GB」コースを提供開始

 

mineo マイネオの料金

料金は次の通りです。

mineoの各種事務手数料

  • 新規契約事務手数料 3,000円 – mineoエントリーパッケージを購入し、そのエントリーコードを入力して申し込むと不要
  • 変更事務手数料 2,000円 – タイプ変更(シングル デュアルタイプ)、プラン変更(au VoLTE Aプラン Dプラン)、SMSオプション(有 無)
  • SIMカード再発行手数料 2,000円
  • MNP転出手数料 2,000円(利用開始翌月から12カ月以内は、11,500円)

 

mineoスイッチ(データ容量節約アプリ)で高速通信容量を使用しない場合、最高速度200kbpsの速度制限かある。速度規制時でも75KB以下のバースト転送に対応しているため、一回の転送当たり75KB以下の通信であれば速度制限なく利用できます。

高速通信容量使用によって速度制限が回避されます。

容量は、3日間で366メガバイトの通信量制限の対象外となります。

ただし、au 4G LTE網の場合、直近3日間(当日を含まず)で3ギガバイト以上の利用で、終日速度規制を行う場合があります。

 

タイプ プラン 高速通信容量 B
500M 1G 3G 5G 10G
シングル
データ通信のみ
A 700 800 900 1,580 2,520
D
デュアル
データ+090音声通話
A 1,310 1,410 1,510 2,190 3,130
D 1,400 1,500 1,600 2,280 3,220

 

 

 

 

コメントを残す