MVNOとは?MNOとの違い(読み方)

smartphone

 

MVNOって聞いたことありますか?

 

なんか難しい言葉ですね。

Wikipediaには次のように定義されていました。

 

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。
なお、総務省による定義では、「MNOの提供する移動通信サービスを利用して、又はMNOと接続して、移動通信サービスを提供する電気通信事業者であって、当該移動通信サービスに係る無線局(基地局)を自ら開設しておらず、かつ、運用をしていない者」である。

 

わかりますか?ちょっとわかりにきですよね。

 

「MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と言います。

「IIJmio」「楽天モバイル」「mineo」「U-mobile」「NifMo」「UQ mobile」といった会社やブランドがMVNOです。

MVNOのことを単に格安SIMと呼ぶこともあるようです。

MVNOの 読み方は、エムブイエヌオーです。

 

 

MVNOには対義語として「MNO」があります。

「MNO」とは「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」といいます。

 

皆さんおなじみの「ドコモ(docomo)」「au」「Softbank(ソフトバンク)」といった会社がMNOです。

これらMNOのことを「キャリア」という呼び方をすることもあります。

 

 

日本語を見ていただくとわかりますが、MVNOはMNOと異なり、「仮想」という言葉がつきます。

この言葉通り、ドコモ、au、ソフトバンクといったMNO(キャリア)が通信サービスを提供するにあたって基地局などの設備を自前で保有しているのに対して、MVNOは、自前の設備を一切保有していません。

MVNOはキャリアにお金を払って回線を借りて、サービスを提供をしているのです。

 

 

まとめると、以下のようになります。

MNO = ドコモ、au、ソフトバンク
MVNO = MNOの回線を借りて格安サービスを提供する事業者

 

MNOは自前での設備投資が必要なので、なかなか新規に参入できませんが、MVNOはいわば、MVOを間借りする形で、新たな設備投資が不要なために、続々と参入業者が増えています。

 

調べる限り、現時点で数十社が参入しています。

おそらく今後、価格競争で淘汰されていくと思われます。

 

コメントを残す