デュアルシム(Duam Sim)とは

smartphone

 

デュアルSIMは、2つのSIMカードスロットを有し、一台の端末で任意にネットワークを切り替えられる携帯電話端末のことです。

もしくは、それを可能にする外付けアダプターを指す場合もある。ビジネス用とプライベート用、又は違った契約内容のSIMカードを1台の電話機で切替えて使う事が出来るので、電話機を2台持ち歩く必要が無くなる便利なグッズです。

日本での利用者は少ないが、欧州やアジアのGSM圏では過去から利用者の多いポピュラーなアイテムです。

 

今、とても人気のデュアルSIMにもいくつか種類があり、デュアルSIMスマホを選ぶ際には確認が必要な点があります。

1点目は、2つあるSIMスロットの両方がLTEに対応しているかどうか、ということです。

現在の日本のメインの通信規格はLTEとなっていますが、デュアルSIMによっては、1スロット目はLTEと3G対応だが、2スロット目は3Gのみ対応、という機種もあるので、注意が必要です。

 

2点目は、シングルスタンバイか、デュアルスタンバイか、デュアルアクティブか、ということです。

シングルスタンバイでは、2枚あるSIMの使いたい方を指定して切り替える必要があります。

現在日本で売られているスマホのほとんどはシングルスタンバイ機であり、デュアルSIMといえど、SIMの切り替えが必要となっており、これがデュアルSIMのデメリットに大きく関わってきます。

デュアルスタンバイは、2枚のSIMの両方の待ち受けが可能(通信は不可能)で、デュアルアクティブは2枚のSIMの両方の待ち受け・通信が可能です。

 

シングルスタンバイ

2枚あるSIMの使いたい(待ち受け・通信したい)方を指定して切り替える必要がある

 

デュアルスタンバイ

2枚のSIMの両方の待ち受けが可能(通信は不可能)

 

デュアルアクティブ

2枚のSIMの両方の待ち受け・通信が可能

 

コメントを残す