音声通話SIM、データSIM(SMSあり)、データSIM(SMSなし)の違い

smartphone

 

格安スマホのサイトを見ていると次のような用語が出て来ますね。

音声通話SIM、データSIM(SMSあり)、データSIM(SMSなし)。

これらの違いをまとめてみました。

 

音声通話SIMとは

音声通話SIM(通話SIM)は070や080、090の携帯電話の電話番号を持つことができるSIMカードです。

まぁいわば普通の電話ですね。

 

データSIM(SMSあり)

一方、データSIMは070や080、090の携帯電話番号を持つことができないSIMカードです。

データSIMにはSMSのオプションがありとなしの2種類あります。

SMSとはショートメッセージサービスのことで、70文字程度のメッセージを電話番号でやり取りする機能です。

SMSありを選ぶとショートメッセージが利用できるようになります。

注意点として、データSIMからでは緊急通報ができません。

 

データSIM(SMSなし)

SMSなしを選ぶとショートメッセージが使えません。

Lineの無料通話で十分という人にはデータSIMで十分です。

Lineの無料通話や050の番号から電話ができるから携帯電話番号なんか必要ないと思っていると、予想外のところで致命傷になる可能性があります。

注意点として、データSIMからでは緊急通報ができません。

つまりデータSIMを入れたスマートフォンだと緊急時に救急車や警察に電話をかけることができません。

スマホで電話をかける機会が減り、大半の電話はLineの無料通話や050で置き換えることができるようになったからといって、携帯番号を捨ててデータSIMに移行してしまうと、いざというときにひどい目になります。

 

コメントを残す